ソニーバンクウォレット

ソニーバンクウォレットのメリット&デメリット!海外利用の注意点も解説

ぽん太くん
ぽん太くん
海外でのカード決済って手数料がかかっちゃうんだよね~
何かお得な方法はないのかな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
そんなの簡単よ!
ソニーバンクウォレットを使えば、海外でも手数料無料でカード決済ができるのよ。
ぽん太くん
ぽん太くん
ええー、何だってー!!!

みなさんも、海外でカード決済した時の手数料で困った経験はありませんか?

日本で発行したクレジットカードを海外でカード決済した場合、海外事務手数料などと言った名目で購入金額に対して数%の手数料が発生してしまいます。

クレジットカードの国際ブランドやクレジットカード会社によって手数料は異なってきますが、VISA/MasterCardは1.63%、JCBは1.60%の手数料であることが多いです。

海外旅行に行った際、海外でのショッピングも楽しみの一つですよね。
現地のブランドであれば、日本より安く購入することができることが多いので、たくさん購入するとなると少しでも手数料は安い方がいいですし、現地の格安両替所で両替できるとしても、海外では治安面を考えてできるだけ大量の現金は持ち運びたくないはずです。

しかし、VISAデビットカードであるSony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)を使えば、海外でカード決済しても手数料は無料で全く発生しないのです。

対象外貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナの10通貨に限られてしまいますが、主要な観光地がある国はほぼカバーできているのではないかと思います。

そんなわけで、ソニーバンクウォレットは、どのように利用できるのか詳しくお話していこうと思います。

どうぞよろしくお願いします!

ソニーバンクウォレットって何?どのように海外で使えばいいの?

ぽん太くん
ぽん太くん
そもそもソニーバンクウォレットって何なの?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
ソニーバンクウォレットはソニー銀行のVISAデビットカードのことよ!
外貨預金に力を入れているだけあって、海外でもお得に利用できるわ。

Sony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)は、ソニー銀行のVISAデビットカードことを言います。

一般的に、デビットカードは銀行から発行され、クレジットカードのように使うことができるのですが、デビットカードを使用した時に、後で引き落とされるのではなく、発行した銀行の預金の範囲内で即時引き落としされるなどの違いがあります。

また、デビットカードはほぼキャッシュカードとしての機能が付いており、デビットカードを発行する各銀行の公式Webサイトでは「デビット付きキャッシュカード」と記載されていることも多いです。

ソニー銀行の公式の公式Webサイトでも「Visaデビット付きキャッシュカード」と記載されていますね。
(当サイトでは、デビット機能を主に紹介するので、一部を除いて、デビット付きキャッシュカードではなく、デビットカードの表記で統一しています。)

さて、少し前置きが長くなりましたが、みなさんの中には他のデビットカードと一体、何が違うのと疑問にもたれた方がいるかもしれません。

しかし、ソニーバンクウォレットは、海外でのカード決済手数料が無料になるうえ、VISA基準レートよりお得なソニー銀行為替レート(TTS)が使われるという他のデビットカードにはない大きな特徴を持っているのです。

ただし、以上のようにお得に使うには条件があるのです。

もし、あまりよくわからないまま海外でソニーバンクウォレットを使ってしまうと、手数料が発生してしまうことにもなりかねませんので、これからソニーバンクウォレットをどのように使えばいいのか順番に説明させていただこうと思います。

海外でお得にカード払いする方法

ぽん太くん
ぽん太くん
それで、海外のカード払いの手数料が無料になる条件って何なの?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
第一の条件は外貨預金口座を開設していることよ!
それと、対象通貨は10通貨に限定されるわ。

海外でのカード決済手数料が無料になる条件

  • 外貨普通預金口座を開設
  • 対象通貨は10通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)

あらかじめソニーバンクウォレット対象10通貨の外貨普通預金口座を開設してある場合、海外ショッピングの手数料は無料になるのです。

デビットカード払い(海外ショッピング)
外貨両替に必要な日本円:両替する外貨 × ソニー銀行為替レート(TTS)
海外ショッピング手数料:無料(Sony Bank WALLET対象10通貨のみ)

さらに、外貨普通預金の残高が不足している時は、「円からアシスト」で円普通預金から自動的に不足分の外貨を当日のソニー銀行為替レート(TTS)で購入するので、残高を気にする必要はありません。

ぽん太くん
ぽん太くん
ちなみに、条件を満たしていなかった場合ってどうなるのかな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
VISA基準レートが適用されるうえに、1.76%/回の手数料が発生するのよ。

もし条件を満たしていないようだったらどうなるのでしょうか?

この場合、ソニー銀行為替レート(TTS)ではなくVISA基準レートが適用されるうえに、1.76%/回の手数料が発生してしまうのです。

デビットカード払い(海外ショッピング)
外貨両替に必要な日本円:両替する外貨 × VISA基準レート
海外ショッピング手数料:1.76%/回

10万円利用したとしたら、1760円の手数料になるので、結構な額になりますね。
しかも、適用されるVISA基準レートはあまりお得なレートとは言えないのです。

当サイトでアメリカドル/円の各種基準レートを2017年10月に調査したのですが、トップクラスの悪さです。

外貨両替もお得なの?

ぽん太くん
ぽん太くん
海外のカード払いでお得なんだから、外貨両替もお得なんだよね!?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
実はそうでもないのよ。
1.76%/回の手数料が発生が発生してしまうのよ。

実はソニーバンクウォレットは、海外ATMから現地通貨を引き出すことができます。

海外ショッピングと同様、外貨普通預金の残高が不足している時は、「円からアシスト」で円普通預金から自動的に不足分の外貨を当日のソニー銀行為替レート(TTS)で購入するので安心です。

ただ、ソニーバンクウォレットは海外でのカード払いが手数料が無料なんだから、外貨両替もお得なんじゃないかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらあまりお得とは言えないのです。

海外のATMでの現地通貨の引き出し(外貨両替)
外貨両替に必要な日本円:両替する外貨 × ソニー銀行為替レート(TTS)
海外ATM手数料:外貨両替に必要な日本円 × 事務処理経費(1.76%/回)

例として、両替する外貨:1000ドル、ソニー銀行為替レート(TTS):100円/1ドルとすると、海外ATM手数料は1760円となります。

外貨両替:1000ドル × 100円/1ドル = 100000円
海外ATM手数料:100000円 × 1.76%/回 = 1760円

ソニーバンクウォレットの海外でのメリット&おすすめ理由

ぽん太くん
ぽん太くん
ソニーバンクウォレットのことが、だんだんわかってきたけど、他にどんなメリットがあるのかな~?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
ここでソニーバンクウォレットのメリットについてまとめてみるわね。

これまでソニーバンクウォレットについてどのように利用すればいいのか説明してきましたが、ここで海外利用におけるメリットについてまとめてみることにします。

ソニーバンクウォレットならではのメリットが多いので、順番に確認していきましょう!

  1. 海外ショッピングの手数料が無料
  2. レートの良い「ソニー銀行為替レート(TTS)」が適用
  3. 海外キャッシングと違い繰り上げ返済が不要
  4. 好きなタイミングで外貨両替できる
  5. 年会費が無料
  6. 満15歳以上ならカード発行可能
  7. 与信審査はなし

海外ショッピングの手数料が無料

クレジットカードだと、海外でカード払いをすると、海外事務手数料などの名目で数%の手数料を取られてしまいます。

クレジットカードの国際ブランド「VISA/MasterCard/JCB」の中では、JCBがクレジットカード会社にかかわらず、海外事務手数料1.60%と一番安くはなっていますが、できるだけ払わないに越したことはないですよね。

その点、ソニーバンクウォレットでは、なんと海外事務手数料は無料になります。

他のクレジットカード、デビットカード含めて、海外事務手数料は無料になるカードはソニーバンクウォレットしかありませんので、海外ショッピングの際はぜひとも持っていきたいですね。

ただし、外貨普通預金口座開設、対象10通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)の条件がありますので、この点だけは気をつけて下さいね。

レートの良い「ソニー銀行為替レート(TTS)」が適用

外貨両替の時に適用されるレートは、クレジットカードの国際ブランドや銀行によってそれぞれ異なります。

ソニーバンクウォレットではソニー銀行独自のソニー銀行為替レート(TTS)が適用されます。

当サイトでアメリカドル/円の各種基準レートを2017年10月に調査したのですが、ソニー銀行為替レート(TTS)はトップクラスの良さを誇っていることがわかりました。

ただし、ソニー銀行為替レート(TTS)が適用されるのは、海外ショッピングの手数料と同様、外貨普通預金口座開設、対象10通貨の条件がありますので、気をつけて下さいね。

海外キャッシングと違い繰り上げ返済が不要

ソニーバンクウォレットはデビットカードですので、海外でATMから現地通貨を引き出しても、クレジットカードの海外キャッシングとは違って、繰り上げ返済をする必要がないのです。

ソニーバンクウォレットであれば、外貨普通預金の残高が不足している時は、「円からアシスト」で円普通預金から自動的に不足分の外貨を当日のソニー銀行為替レート(TTS)で購入するので、大変便利ですよ。

好きなタイミングで外貨両替できる

ソニーバンクウォレットであれば、いつでも好きなタイミングで外貨普通預金口座にあらかじめ外貨両替しておくことができます。

つまり、円高の時のレートが良い時にあらかじめ外貨両替しておけば、円安でレートが悪い時に海外旅行に行ってもお得に海外でデビットカード払いやATMで現地通貨を引き出すことができるのです。

クレジット海外キャッシングは、ソニーバンクウォレットの外貨両替手数料より安くはなりますが、うまくレートの良い時に外貨両替できるならば、最終的にはソニーバンクウォレットの方が総合的にもお得になる可能性があるのです。

年会費が無料

海外利用、特に海外ショッピングにおいてお得に利用できるにもかかわらず、ソニーバンクウォレットの年会費は無料なんです。

実は国内利用となると、ソニーバンクウォレットは利用金額に対してキャッシュバックで0.5%還元してくれるのですが、クレジットカードであれば、1%還元のカードも多数あるので少し物足りないんですよね。
(優遇プログラムClub Sにより最大2%還元率まで挙げることはできますが、1%還元してくれるシルバーステージでも、ソニー銀行の月末総残高が合計300万円以上などと条件が厳しいです。)
そのため、仮に国内ではソニーバンクウォレットを使用しなくても、年会費を気にせず保有できるのは大きなメリットですよね。

15歳以上ならカード発行可能

ソニーバンクウォレットはデビットカードですので、15歳以上ならカード発行が可能です。

ちなみに、クレジットカードであると申し込みができるのは18歳以上になりますが、年齢をクリアしていても収入のない学生や専業主婦だとキャッシング枠がつかないため、外貨両替するための海外キャッシングをすることができないのです。

最近では、高校生でも語学留学などで一人で海外に出る機会も多いと思いますので、ソニーバンクウォレットを持参すれば多額の現金を持ち運ばなくて済みますし、チップや公共交通機関の交通費など、どうしても現金払いしかできない時でも海外ATMから簡単に現地通貨を引き出せるので安心ですね。

与信審査はなし

ソニーバンクウォレットはデビットカードですので、与信審査もないのです。

先程説明した通り、クレジットカードだと、無収入だと審査を通過したとしてもキャッシング枠が付かないため、海外キャッシングすることができませんし、ブラックリストに載っているなど個人情報に問題があるとそもそもクレジットカードすら発行することができません。

その点、ソニーバンクウォレットなら手続きさえすれば、発行可能です。

ソニーバンクウォレットの海外でのデメリットと注意点

ぽん太くん
ぽん太くん
今まで海外の利用でソニーバンクウォレットのメリットはわかったけど、逆にデメリットや注意点ってあるのかな~?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
やっぱり、海外ATMでの現地通貨引き出しは多少不利になってしまうわね。
その他にも注意点があるからしっかり確認してみましょう!

ソニーバンクウォレットは海外でのデビットカード払いにおいて大きなメリットがありますが、その反面、デメリットと注意点が存在します。

これからソニーバンクウォレットのデメリットと注意点をしっかり確認していきましょう!

  1. 外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと手数料が高くなる
  2. 海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高い
  3. 外貨両替するタイミングが難しい
  4. 不正利用された時に返金されるまで時間がかかる
  5. 海外旅行傷害保険が付いていない

外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと手数料が高くなる

外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと以下のような手数料も余分に支払わなくてはいけません。
(対象10通貨:米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)

海外ショッピングの事務処理経費(海外事務手数料):1.76%/回
海外ATM利用料(ソニー銀行側):216円/回

ソニー銀行を口座開設して、ソニーバンクウォレットが到着しましたら、忘れずに外貨普通預金口座も開設しておきましょう。

また適用されるレートもソニー銀行為替レート(TTS)ではなくVISA基準レートが適用されるので注意が必要です。

クレジットカードの国際ブランド(VISA/MasterCard/JCB)、ソニー銀行、マネーパートナーズの外貨両替やカード払いに使われるレートを比較すると、VISAの基準レートはその中でもトップクラスの悪さです。

また、対象10通貨でかなりの国々の通貨をカバーできるのですが、東南アジアのリゾート地で人気のあるセブのフィリピンペソやバリのインドネシアルピアは対象になっていないので、少し残念ですね。

これらの国で、カード払いをしたい場合は、やはりクレジットカードがおすすめです。

以下の記事で詳しく解説していますので、良かったらご覧ください。

海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高い

デビットカード払いではお得ですが、海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高めです。

海外のATMでの現地通貨の引き出し(外貨両替)
外貨両替に必要な日本円:両替する外貨 × ソニー銀行為替レート(TTS)
海外ATM手数料:外貨両替に必要な日本円 × 事務処理経費(1.76%/回)

例として、両替する外貨:1000ドル、ソニー銀行為替レート(TTS):100円/1ドルとすると、海外ATM手数料は1760円となります。

外貨両替:1000ドル × 100円/1ドル = 100000円
海外ATM手数料:100000円 × 1.76%/回 = 1760円

外貨両替するタイミングが難しい

ソニーバンクウォレットであれば、いつでも好きなタイミングで外貨普通預金口座にあらかじめ外貨両替しておくことができるので、円高の時のレートが良い時にあらかじめ外貨両替しておけば、円安でレートが悪い時に海外旅行に行ってもお得に海外でデビットカード払いやATMで現地通貨を引き出すことができるのです。

ただ、言うのは簡単ですが、実際にやるとなると外貨両替するタイミングが非常に難しいんです。


上記のグラフは、10年間(2007~2017年)のアメリカドル/円の為替チャートになります。

一番底値の時に買えればいいのですが、実際は赤の矢印をつけた2009年の時に底値だと判断してしまわないでしょうか。

仮に2009年に外貨両替をすると、90円/ドルで外貨両替でき、その後に100円/ドルに推移していくので、この時点では2009年の外貨両替のタイミングは良かったと思うでしょう。

しかし、1年後の2010年には90円/ドルに戻り、2011年には80円/ドルまで円高が進んでしまいます。

2009年に外貨両替、2011年に海外旅行という予定でしたら、得するどころか大損になってしまいますね。

このように、将来的な為替レートを予想する投資的な判断はとても難しいんです。

最終的に外貨両替をするのはご自分の判断になりますが、シンプルに使う時点で外貨両替するという考えでも十分かもしれませんね。

不正利用された時に返金されるまで時間がかかる

システム上、デビットカードであるソニーバンクウォレットを使用すると、ソニー銀行の口座から即時引き落とされます。

そのため、もし不正利用されてしまった場合も同様に即時引き落とされてしまうのです。

一応は、不正利用に気づいて、ソニー銀行に連絡した日の30日前の日以降に発生した損害について、1日あたり、ご利用限度額の範囲で補償はしてくれるのですが、お金が戻ってくるまでには時間がかかってしまうのです。

海外旅行傷害保険が付いていない

ソニーバンクウォレットには海外旅行傷害保険はついていません。

海外の渡航先で入院を伴うケガや病気をしたら数百万から中には数千万以上の医療費を支払うことになります。
そのため、医療費の支払いをカバーするため、海外旅行保険に申し込むかのは必須ですね。

もしくは、そもそも海外旅行傷害保険が付帯しているデビットカード自体が少ないので、JCB EIT、エポスカード、横浜インビテーションカードなど無料で自動付帯の海外旅行障害保険のついているクレジットカードを作成すると良いでしょう。

当サイト管理人の例でいうと、フィリピンの語学留学をした際にお腹を下してしまい、学校に提携病院の医師を派遣してもらったことがあります。

最近は提携病院であればキャッシュレスですぐに診察、薬の処方をしてもらえるので後から保険金の請求は必要ありません。

軽度な例ですが、本当に海外旅行保険に入っていて良かったと実感した出来事でしたね。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!