ソニーバンクウォレット

ソニーバンクウォレットの海外でのデメリットと注意点

ぽん太くん
ぽん太くん
今まで海外の利用でソニーバンクウォレットのメリットはわかったけど、逆にデメリットや注意点ってあるのかな~?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
やっぱり、海外ATMでの現地通貨引き出しは多少不利になってしまうわね。
その他にも注意点があるからしっかり確認してみましょう!

ソニーバンクウォレットは海外でのデビットカード払いにおいて大きなメリットがありますが、その反面、デメリットと注意点が存在します。

これからソニーバンクウォレットのデメリットと注意点をしっかり確認していきましょう!

  1. 外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと手数料が高くなる
  2. 海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高い
  3. 外貨両替するタイミングが難しい
  4. 不正利用された時に返金されるまで時間がかかる
  5. 海外旅行傷害保険が付いていない

外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと手数料が高くなる

外貨普通預金口座未開設、対象10通貨以外だと以下のような手数料も余分に支払わなくてはいけません。
(対象10通貨:米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ)

海外ショッピングの事務処理経費(海外事務手数料):1.76%/回
海外ATM利用料(ソニー銀行側):216円/回

ソニー銀行を口座開設して、ソニーバンクウォレットが到着しましたら、忘れずに外貨普通預金口座も開設しておきましょう。

また適用されるレートもソニー銀行為替レート(TTS)ではなくVISA基準レートが適用されるので注意が必要です。

クレジットカードの国際ブランド(VISA/MasterCard/JCB)、ソニー銀行、マネーパートナーズの外貨両替やカード払いに使われるレートを比較すると、VISAの基準レートはその中でもトップクラスの悪さです。

また、対象10通貨でかなりの国々の通貨をカバーできるのですが、東南アジアのリゾート地で人気のあるセブのフィリピンペソやバリのインドネシアルピアは対象になっていないので、少し残念ですね。

これらの国で、カード払いをしたい場合は、やはりクレジットカードがおすすめです。

以下の記事で詳しく解説していますので、良かったらご覧ください。

海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高い

デビットカード払いではお得ですが、海外ATM手数料の事務処理経費が1.76%/回と高めです。

海外のATMでの現地通貨の引き出し(外貨両替)
外貨両替に必要な日本円:両替する外貨 × ソニー銀行為替レート(TTS)
海外ATM手数料:外貨両替に必要な日本円 × 事務処理経費(1.76%/回)

例として、両替する外貨:1000ドル、ソニー銀行為替レート(TTS):100円/1ドルとすると、海外ATM手数料は1760円となります。

外貨両替:1000ドル × 100円/1ドル = 100000円
海外ATM手数料:100000円 × 1.76%/回 = 1760円

外貨両替するタイミングが難しい

ソニーバンクウォレットであれば、いつでも好きなタイミングで外貨普通預金口座にあらかじめ外貨両替しておくことができるので、円高の時のレートが良い時にあらかじめ外貨両替しておけば、円安でレートが悪い時に海外旅行に行ってもお得に海外でデビットカード払いやATMで現地通貨を引き出すことができるのです。

ただ、言うのは簡単ですが、実際にやるとなると外貨両替するタイミングが非常に難しいんです。


上記のグラフは、10年間(2007~2017年)のアメリカドル/円の為替チャートになります。

一番底値の時に買えればいいのですが、実際は赤の矢印をつけた2009年の時に底値だと判断してしまわないでしょうか。

仮に2009年に外貨両替をすると、90円/ドルで外貨両替でき、その後に100円/ドルに推移していくので、この時点では2009年の外貨両替のタイミングは良かったと思うでしょう。

しかし、1年後の2010年には90円/ドルに戻り、2011年には80円/ドルまで円高が進んでしまいます。

2009年に外貨両替、2011年に海外旅行という予定でしたら、得するどころか大損になってしまいますね。

このように、将来的な為替レートを予想する投資的な判断はとても難しいんです。

最終的に外貨両替をするのはご自分の判断になりますが、シンプルに使う時点で外貨両替するという考えでも十分かもしれませんね。

不正利用された時に返金されるまで時間がかかる

システム上、デビットカードであるソニーバンクウォレットを使用すると、ソニー銀行の口座から即時引き落とされます。

そのため、もし不正利用されてしまった場合も同様に即時引き落とされてしまうのです。

一応は、不正利用に気づいて、ソニー銀行に連絡した日の30日前の日以降に発生した損害について、1日あたり、ご利用限度額の範囲で補償はしてくれるのですが、お金が戻ってくるまでには時間がかかってしまうのです。

海外旅行傷害保険が付いていない

ソニーバンクウォレットには海外旅行傷害保険はついていません。

海外の渡航先で入院を伴うケガや病気をしたら数百万から中には数千万以上の医療費を支払うことになります。
そのため、医療費の支払いをカバーするため、海外旅行保険に申し込むかのは必須ですね。

もしくは、そもそも海外旅行傷害保険が付帯しているデビットカード自体が少ないので、JCB EIT、エポスカード、横浜インビテーションカードなど無料で自動付帯の海外旅行障害保険のついているクレジットカードを作成すると良いでしょう。

当サイト管理人の例でいうと、フィリピンの語学留学をした際にお腹を下してしまい、学校に提携病院の医師を派遣してもらったことがあります。

最近は提携病院であればキャッシュレスですぐに診察、薬の処方をしてもらえるので後から保険金の請求は必要ありません。

軽度な例ですが、本当に海外旅行保険に入っていて良かったと実感した出来事でしたね。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!