クレジットカード基礎知識

海外でのクレジットカード利用方法の注意点についてまとめてみた

ぽん太くん
ぽん太くん
明日はついにハワイに行くぞ~
クレジットカードも発行できたし準備はバッチリだ。
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
確かぽん太くんは海外でクレジットカードを使うのは初めてなのよね!?
実は注意点がいくつかあるんだけど。。。
ぽん太くん
ぽん太くん
あっ、もうすぐ見たいテレビが始めっちゃう!
ぽん子ちゃん、後は大丈夫だから心配しないでよ。それじゃね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
あ~あ、行っちゃった。
ぽん太くん、おっちょこちょいだから大丈夫かな~

普段から日本でクレジットカードを使い慣れてたとしても、実際のところ日本と海外では事情が大きく違います。

中には警察沙汰まで発展してしまうこともあるので要注意ですよ。

ぽん太くんはぶっつけ本番でハワイに行ってしまいましたが、みなさんは海外に行く前に一つずつチェックしていきましょう!

デポジットはクレジットカードが必須!

ぽん太くん
ぽん太くん
ふぅ~、飛行機の長旅は疲れたなぁ~
さぁ~て、ホテルにチェックインするかな!
接客係
接客係
Would you have a credit card?
(クレジットカードはお持ちですか?)
ぽん太くん
ぽん太くん
ええー、パック旅行だからもう支払っているよ!
ホワイ・ドゥー・ユー・ニード・クレジットカード?(何でクレジットカードが必要なんですか?)
接客係
接客係
Our hotel needs deposit.
(私たちのホテルではデポジットが必要なのです。)
接客係
接客係
If you don’t have a credit card, please pay a deposit of 300 dollars.
(もし、クレジットカードカードをお持ちでない場合は、現金でデポジット代金300ドルを支払っていただきます。)

海外のホテルではデポジットとしてクレジットカードの提示が求められます。

デポジット(預り金)として、持っているクレジットカードの情報を控えることで、ミニバー利用などのルームサービス料金や備品破損などをチェックアウト時に清算できなかった料金を請求するということになります。

ただ、現金で支払うこともでき、ルームサービス使わず特に問題を起こさなければ、全額返金されるので別にクレジットカードを用意しなくてもいいのでしょうか。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
現金でデポジットを支払った場合、チェックアウトするまでお金が拘束されて使えなくなるわよ!

例え現金でデポジットを支払うことができたとしても、チェックアウトするまでお金が拘束されてしまうのです。

通常、海外旅行であれば、ホテルをチェックアウトするタイミングは帰国する直前になりますので、拘束されたお金が時間的に使いきれない可能性があるのです。

さらに、多額の現金を預り金や個人情報の登録を求められたりと何かと面倒なので、やはりデポジットのため、クレジットカードは必須なのです。

ぽん太くん
ぽん太くん
ふぅ~、初っ端から危なかったー、本当に日本でクレジットカードを作ってよかったよ!
まぁ、今回のことにめげずに明日から思いっきり遊ぶぞ!

クレジットカードの支払い回数は?

ぽん太くん
ぽん太くん
よ~し、せっかくハワイに来たんだからお土産を買っていこう。
アイ・ユーズ・クレジットカード!
(クレジットカードを使います。)
店員
店員
Certainly.
(かしこまりました。)
ぽん太くん
ぽん太くん
あれれ、支払い回数について聞かれないけど大丈夫かな~

日本ではお店でクレジットカード払いをする時に、店員さんから「お支払回数はいかが致しますか?」や「支払い回数は一括となります。」などと支払い回数について言われたりすることが多いですよね。

果たして海外の場合はどうなんでしょうか。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
そもそも、クレジットカードの支払い回数について聞かれることはないから、気にしなくて大丈夫よ!

実は日本で発行されたクレジットカードは、海外利用時にどのような支払い方法になるかが初期設定されており、そもそも海外での支払い時に支払い方法を変えることはできないのです。

ただし、ほとんどのクレジットカードは一括払いに初期設定されていますが、中にはリボ払いに設定されているクレジットカードもあります。

気になるようでしたら、海外に渡航前に事前にクレジットカード会社に確認しておきましょうね。

決済する通貨は日本円?それとも現地通貨?

店員
店員
Could you pay by Japanese Yen, or US dollar?
(日本円とアメリカドルどちらで支払いしますか?)
ぽん太くん
ぽん太くん
ええー、どっちの通貨か選べるの!?
日本のクレジットカード使ってるし、何となく日本円かな~
ジャパニーズ・エン・プリーズ!
(日本円でお願いします。)

何もわからずに「日本円か現地通貨」と聞かれたら、ついつい馴染みのある日本円を選択してしまいがちですよね。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
基本的に現地通貨を選んだ方がお得になるわよ。

実は日本円での決済を選んでしまうと、クレジットカードを利用したお店(クレジットカード加盟店)が勝手に決めている為替レートで日本円で換算されてしまうんです。

お店によっては、現地通貨、日本円(JPY)どちらで決済を希望するか選択いただける場合があります。
日本円を指定した場合、その場で支払金額を確定できるメリットがありますが、お店が決定した為替レートで日本円に換算されることから、弊社で日本円に換算する場合に比べて割高になる可能性がありますのでご注意ください。
日本円での請求を希望しない場合は、その場でお店へ申し入れを行ってください。
また、希望した通貨とご利用代金明細書に記載の通貨が異なる場合には、弊社までご連絡ください。

ほぼ例外なく、日本円での決済を選んだ時の為替レートは割高になるので、決済通貨を聞かれた場合は必ず現地通貨での決済を選びましょう。

サインは日本語なの?それとも英語なの?

店員
店員
Could you sign please?
(サインをしていただけますか?)
ぽん太くん
ぽん太くん
普段は漢字でサインしていたけど、海外はどうすればいいんだろう!?
確か前で会計していたアメリカ人は英語でサインしてたし、僕も英語でサインしよう。
p・o・n・t・aっと!

暗証番号入力やサイレンスの場合もありますが、日本ではクレジットカード利用時にサインすることが多いですよね。

日本では日本人の方ならほとんどが漢字でサインでしょうけど、海外ではどうなるんでしょうか。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
クレジットカード裏面のサインと同じにする必要があるわ。

もし、クレジットカードの裏面が漢字でサインされているなら、必ずカード利用時のサインも漢字にしてください。

そもそもサインはきちんと本人がクレジットカードを利用しているか確認するためです。

そのため、クレジットカード裏面のサインと相違があった場合、第三者による不正利用と疑われてしまい、最悪警察に通報されてしまうこともあるのです。

海外で漢字のサインは違和感を持たれる方がいるかもしれませんが、むしろ台湾、中国以外の外国人には馴染みがなくマネされにくいのでセキュリティ面で有利になるので、堂々と漢字でサインしましょう。

チップの支払いはクレジットカードでできるの?

ぽん太くん
ぽん太くん
レストランで奮発してステーキ食べちゃったけど、おいしかったな~
接客係
接客係
Excuse me.Here is your bill.
(失礼いたします。こちらが請求書になります。)
ぽん太くん
ぽん太くん
あー、はいはい、わかりました。
クレジットカーで払いますよ~
接客係
接客係
Certainly.
(かしこまりました。)

日本では何も問題のなさそうなやりとりですが、注意すべき点があるんです。
それは、クレジットカードでのチップの支払いなんですよね。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
請求書のチップ欄に支払いたいチップの金額を記入するのよ。

海外では自分でチップの額を決めて、クレジットカードで支払うことができるんです。
日本では全然見られない光景ですよね。

なお、請求書のチップ欄が空欄のままサインをしてしまうと、5~15%のチップ代が勝手に上乗せされて請求される場合があります。

無用なトラブル回避のためにも、請求書にはチップ代とチップ代を含めた合計金額を必ず記入してくださいね。
(サービスが全く気に入らなかった場合は、チップ欄に×をつけてチップの支払いをしないことも可能です。)

予備のクレジットカードも忘れずに

ぽん太くん
ぽん太くん
楽しかったハワイ旅行も今日が最終日か~
あれ、ポケットに財布の重みを感じない。。。

クレジットカードを財布ごと盗まれてしまったり失くしてしまった場合以外にも何らかの理由でクレジットカードが使えなくなってしまうことがあります。

・利用限度額の到達
・磁気ストライプ異常
・有効期限切れ

こういったケースに対処するにはどうしらいいんでしょうか。

ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
最低でもクレジットカードは2枚以上持って行った方がいいわね。

日本ではクレジットカードがなくても何とかなりますが、海外では日本と比べると治安が悪いため、現金より小切手、デビットカード、クレジットカードが使われます。

そのため、アメリカであれば100ドル札(日本でいえば1万円札)といった高額紙幣を使おうとすると、目の前で偽札ではないかチェックをされたりもします。

また、本記事冒頭でも紹介しましたが、その他にも海外ではホテルやレンタカーの利用時にクレジットカードの提示が求められることがあります。
デポジット(預り金)として、持っているクレジットカードの情報を控えることで、ミニバー利用などのルームサービス料金や備品破損、交通違反をした時の罰金などは、そのクレジットカードに請求がくるという仕組みです。

クレジットカードがなくても利用できる場合もありますが、多額の現金を預り金や個人情報の登録を求められたりと何かと面倒です。

このように海外ではクレジットカードがないだけで何かと不便になってしまうので、メインのクレジットカードとは別に予備のクレジットカードも用意し、最低でも2枚以上のクレジットカードを持っていくようにしましょう。

もちろん、スーツケースやパスポートケースの中など他のクレジットカードとは違う場所にしまっておくようにしましょうね。

まとめ

最後に要点をまとめてみます。

  • 海外のホテルはデポジットでクレジットカードが必須
  • 海外でのクレジットカードの支払いは初期設定されている、気になる方は事前にチェックをする
  • 決済する通貨を選べと言われたら、現地通貨にする
  • クレジットカード利用時のサインはクレジットカード裏面と同じにする
  • 請求書に記載するチップの支払いは見逃さない
  • 海外ではクレジットカードは2枚以上持っていく

今回のハワイ旅行では、ぽん太くんのダメンズぶりを発揮してさんざんな目にあってしまいましたよね。

実は当サイト管理人も、勘違いしてクレジットカードの署名欄には漢字で記入しているにもかかわらず、ローマ字でサインをしてしまったことがあります。

みなさんは今まで挙げたようなトラブルにならないように、上記に挙げた注意点をしっかりとチェックして海外に行きましょうね。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!