マネパカード

マネーパートナーズFX両替のメリット&デメリット!空港で受取可能

ぽん太くん
ぽん太くん
海外キャッシングで外貨両替するのは確かにお得だけど、それ以外にお得な外貨両替方法ってないのかな?
クレジットカードだと与信審査があるわけだし。
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
マネーパートナーズのFX両替だったら、外貨両替手数料が500円で済むわよ!
クレジットカードのような与信審査も必要ないのよ。
ぽん太くん
ぽん太くん
ええー、何だってー!!!

みなさんも、このような会話のように外貨両替の手数料が高くて困った経験はありませんか?

例えば、三菱UFJ、三井住友、みずほなどの銀行やJTB、HISなどの旅行会社での両替手数料って高いですよね。

また、海外旅行先の現地の両替所が手数料が安いとわかっても探すのに手間がかかったり、お金をごまかされてしまったりとリスクも多いです。

しかし、マネーパートナーズのFX両替であれば、アメリカドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元の通貨を両替手数料500円で両替することができるんですよ。

また、最近であればクレジットカードを使った海外キャッシングでの外貨両替やカード決済の方がマネーパートナーズのFX両替より使い勝手が良いのですが、それでもFX口座を申し込むのに与信審査が必要なかったり、細かい単位の紙幣(アメリカドルだったら1ドル紙幣)が受け取れるなど、まだまだメリットも多いのです。

そんなわけで、マネーパートナーズのFX両替は、どのように利用できるのか詳しくお話していこうと思います。

どうぞよろしくお願いします!

マネーパートナーズのFX両替って何?どのように外貨両替できるの?

ぽん太くん
ぽん太くん
そもそも、マネーパートナーズのFX両替って何なの?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
元々、FXは外貨を売買して、為替差益で利益をあげるための目的なんだけど、マネーパートナーズはFXのレートを利用して、外貨両替をすることができるのよ!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
銀行や空港の両替所に比べるとレートが良いから、両替コストがあまりかからないわ。

FX(Foreign Exchange)は正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

FX口座を開設すれば、外貨の売買ができるようになり、為替差益により利益をあげることを目的としています。

また、担保となるお金(取引保証金)にレバレッジ(証拠金倍率)をかけて、何倍もの金額の外貨を取引できることが大きな特徴です。

例えば、普通だったら10万円しか手元になかったら、10万円の取引しかできないですが、10倍のレバレッジを使えば、100万円の取引が可能になり、利益を上げることができれば10倍の利益になる反面、損失が出た場合は10倍の損失になってしまうということになります。
(昔はFX会社が自由にレバレッジの上限を決められたらしいので、300倍や400倍のレバレッジも可能だったようだから怖いですよね。)

やはり、プロでも為替取引で利益を上げるのは困難ですから、当サイト管理人もFXはおすすめできないです。

しかし、マネーパートナーズのFX両替であれば、お得なFXのレートで両替できるうえ、両替手数料も500円なので海外旅行などで外貨が必要な時は非常に便利なんですよ。

それでは、これからマネーパートナーズのFX両替とは、どのようなサービスなのか順番に説明させていただこうと思います。

マネーパートナーズのFX両替は順番に選択するだけ

ぽん太くん
ぽん太くん
でも、FXだとチャートを見ながら取引するわけでしょ!?
僕、そんなことできないよ~
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
安心して!
FX両替とは言っているけど、順番通りに選択していけば外貨両替できるのよ。

FX両替と聞くと、当記事のトップにある画像のようにチャートを見ながら、取引をして外貨両替するんだなと想像された方もいるかもしれません。

しかし、全くそのような取引をする必要はなく、両替する通貨や金額などを順番に選択していけば、外貨両替を行うことができるのでとても簡単なんです。

外貨の受け取りは空港になる

ぽん太くん
ぽん太くん
両替のために使う日本円は自分の銀行口座からFX口座に入金するわけだから、同じように両替した外貨も、FX口座から引き出せるのかな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
FX両替で外貨両替した外貨は、日本国内の主要空港で受け取るから、気をつけてね!

マネーパートナーズのFX両替で外貨両替した外貨は、日本国内の主要空港で受け取ることになるので気をつけて下さいね。

受け取り可能な空港は以下の通りになります。

受け取り可能な空港

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港

また、外貨を受け取る際は受付番号と本人確認書類が必要ですし、出国当日に受け取ることがほとんどだと思いますので、時間に余裕をもって受け取り場所に到着するようにした方が良いです。

マネーパートナーズでカード払いはできるの?

ぽん太くん
ぽん太くん
マネーパートナーズはFXだから、やっぱりカード払いってできないんだよね?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
確かにマネーパートナーズのFX口座だけだと無理ね。
でも、マネパカードを用意すれば、クレジットカードのようにカード払いをすることができるわよ。

残念ながら、マネーパートナーズのFX口座を開設しているだけでは、クレジットカードのようにショッピングでカード決済することはできません。

しかし、マネーパートナーズではマネパカードと言うMasterCardのプリペイドカードを発行しており、海外でもクレジットカードのように使うことができます。

マネパカードについては、近日中に記事にまとめて投稿する予定ですので、少々お待ちくださいね。

マネーパートナーズFX外貨両替のメリット&おすすめ理由

ぽん太くん
ぽん太くん
マネーパートナーズのFX両替のことが、だんだんわかってきたけど、他にどんなメリットがあるのかな~?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
ここでマネーパートナーズのFX両替のメリットについてまとめてみるわね。

これまでマネーパートナーズのFX両替についてどのように利用すればいいのか説明してきましたが、ここで海外利用におけるメリットについてまとめてみることにします。

マネーパートナーズのFX両替ならではのメリットが多いので、順番に確認していきましょう!

  1. 外貨両替手数料が500円
  2. レートの良い「マネーパートナーズの両替レート」が適用
  3. 海外キャッシングと違い繰り上げ返済が不要
  4. 好きなタイミングで外貨両替できる
  5. 細かい単位の紙幣で受け取り可能
  6. 年会費が無料
  7. クレジットカードのような厳しい与信審査はない

外貨両替手数料が500円

日本国内で銀行や両替店などで外貨両替するとなると、非常に悪いレートを使って両替することになるので、10万円をアメリカドルに両替すると手数料を含めて、総合的なコストは数千円になってしまいます。

しかし、マネーパートナーズであれば、後述するレートの良い「マネーパートナーズの両替レート」が適用されるうえ、空港での受取手数料として、一回の受け取りにつき一律500円で済んでしまいます。

日本国内で外貨両替する手段としては、トップクラスの安さになります。

レートの良い「マネーパートナーズの両替レート」が適用

外貨両替の時に適用されるレートは、クレジットカードの国際ブランドや銀行によってそれぞれ異なります。

マネーパートナーズのFX両替では外貨両替時のレートは、買の取引リアルタイムレート(両替の手続きをした時のレート)に±20pipsされた両替独自のレート(以下、両替レート)が適用されます。

例えば、取引レート(買)が100円/ドルの場合、日本円では1pipsは1銭となりますので、20pipsは20銭(0.2円)となり、両替レートは100.2円になります。

当サイトではアメリカドル/円の各種基準レートを毎月、調査しているのですが、毎回、マネーパートナーズの両替レートはトップクラスの良さを誇っているんですよ。

海外キャッシングと違い繰り上げ返済が不要

マネーパートナーズのFX両替はFX口座に日本円を入金して外貨両替をするという仕組みですので、当然ですがクレジットカードの海外キャッシングとは違って、繰り上げ返済をする必要がないのです。

両替した外貨は日本国内の主要空港で海外旅行などの出発日に受け取ることができますので、渡航先での外貨両替を心配せずに安心して出国することができますよ。

簡単な操作で外貨両替できる

FX両替と聞くと、チャートを見ながら、取引をして外貨両替するんだなと想像された方もいるかもしれません。

しかし、全くそのような取引をする必要はなく、両替する通貨や金額などを順番に選択していけば、外貨両替を行うことができるのでとても簡単なんです。

その上、前述したようにお得なマネーパートナーズの両替レートが適用されるのでいいとこどりなんですね。

アメリカドルは細かい単位の紙幣で受け取り可能

外貨両替手数料が最も安いのはセディナカード/セディナカードJiyu!da!の海外キャッシングになりますが、ATMを使った両替のため、細かい単位の紙幣を受け取れないことがほとんどだと思います。

細かいことを言うと、ホテルのポーターさんなどにチップを払うのでしたら、その前に何か適当な物でも買ってお金を細かくしなければならないんですよね。

また、空港の両替所は手数料は高いですし、町中にある格安の両替所を探すのも手間がかかりますよね。

しかし、マネーパートナーズのFX両替であれば、アメリカドルの両替の場合、1ドル紙幣での細かい単位で受け取ることが可能なんです。
(残念ながら他の通貨については、最小単位で受け取れる額が今のレートで言うと500~1000円単位になってしまいます。)

年会費が無料

外貨両替においてお得に利用できるにもかかわらず、マネーパートナーズのFX口座の年会費は無料なんです。

本来の目的であるFX取引については、リスクが高いため全ての人におすすめできないので、基本的にFX両替のみに絞った方がいいです。

そのため、普段からマネーパートナーズを利用しなくても、年会費を気にせず保有できるのは大きなメリットですよね。

クレジットカードのような厳しい与信審査はない

マネーパートナーズのFX口座開設にも審査はあるのですが、クレジットカードの与信審査のような厳しいものではありません。

クレジットカードだと、無収入だと審査を通過したとしてもキャッシング枠が付かないため、海外キャッシングすることができませんし、ブラックリストに載っているなど個人情報に問題があるとそもそもクレジットカードすら発行することができません。

しかし、マネーパートナーズのFX口座開設の審査であれば、仮に定職についていなかったり、収入のない無職であっても、金融資産がある程度ある20歳以上の方であれば、審査に通る可能性は高いようです。

マネーパートナーズFX外貨両替のデメリットと注意点

ぽん太くん
ぽん太くん
今までマネーパートナーズのFX両替のメリットはわかったけど、逆にデメリットや注意点ってあるのかな~?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
やっぱり、FX両替の性質上、カード払いができないのは残念よね。
その他にも注意点があるからしっかり確認してみましょう!

マネーパートナーズのFX両替は日本国内で可能な外貨両替としては大きなメリットがありますが、その反面、デメリットと注意点が存在します。

これからマネーパートナーズのFX両替のデメリットと注意点をしっかり確認していきましょう!

  1. カード払いができない
  2. 両替可能通貨が6通貨のみ
  3. 申し込み対象が20歳以上
  4. 外貨両替までに日数がかかる
  5. 受け取り場所が限られる
  6. 出発日当日の受け取りだと時間的余裕がない
  7. 受け取り場所が限られる
  8. 外貨両替した紙幣は新札になる

カード払いができない

FX両替の性質上、カード払いができないのは非常に残念です。

基本的に海外は日本より治安が良くないため、現金はチップや公共交通機関の交通費など、どうしても現金払いしかできない最低限の額を外貨両替し、後はできるだけクレジットカード払いで済ませた方が無難です。

しかし、マネーパートナーズではマネパカードと言うMasterCardのプリペイドカードを発行しており、海外でもクレジットカードのように使うことができます。

マネパカードについては、近日中に記事にまとめて投稿する予定ですので、少々お待ちくださいね。

外貨両替可能通貨が6通貨のみ

外貨両替可能通貨が「アメリカドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国人民元」の6通貨のみになります。

ソニーバンクウォレットでも、手数料が安くなる通貨としては「米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アフリカランド、スウェーデンクローナ」の10通貨ありましたから、かなり少なめですよね。

日本人にも人気の高い観光地である台湾、フィリピンのセブ、インドネシアのバリ、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの通貨は含まれていないので、少し使い勝手が悪いです。

申し込み対象が20歳以上

マネーパートナーズの申し込み対象は20歳以上になります。

デビットカードであるソニーバンクウォレットなら15歳以上で作成可能ですし、クレジットカードであるセディナカード/セディナカードJiyu!da!でも18歳以上で作成できます。

最近では、高校生でも短期の語学留学などで一人で海外に出る機会もあるので、20歳以上だと物足りなさがありますね。

ただ、少し面倒になりますが、代わりに20歳以上の両親や兄弟がマネーパートナーズのFX両替をして受け取ることは可能です。

外貨両替までに日数がかかる

マネーパートナーズのFX両替した外貨の出金には最短で4営業日となってしまいます。

クレジットカードやデビットカードであれば、渡航先で両替することになりますので、あらかじめ申し込んでおいて出発までに保有さえしていれば大丈夫なので、この点が大きな違いですね。

場合によっては4営業日より多く日数がかかってしまうので、もし利用するのでしたら余裕をもって外貨両替の手続きをしてくださいね。

受け取り場所が限られる

両替した外貨を受け取れる場所が「成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港」の4箇所に限られます。

海外旅行などでこれらの空港から出国するのであれば問題なのですが、例えば沖縄の那覇空港などでは国際便も乗り入れているので、渡航先の直行便があるのであれば、那覇空港から出国した方がいいですよね。

また、渡航先の直行便がなくても、韓国や台湾の国際空港をハブ空港として目的地に行った方が航空券の料金が結果的に安くなることもあります。

出発日当日の受け取りだと時間的余裕がない

ほとんどの方が出発日当日を受け取り日として指定すると思います。

ただ、行ってみるまで受け取り場所の込み具合もわかりませんし、適切に両替されている紙幣を数えて確認しなければならないので時間がかかることもあるのです。

さらに、出発日当日だと、交通機関の遅れで空港到着が遅れた場合などはもっと時間的な余裕がなくなってしまいます。

当サイト管理人の場合、受け取り空港が近場でしたので、出発日ではなく、出発の数日前に両替した外貨を受け取っていました。

出発日当日に受け取る方はくれぐれも時間的に余裕をもって行動するように注意してくださいね。

外貨両替した紙幣は新札になる

もしかしたら、中には新札でもらえた方がうれしい方もいらっしゃるかもしれませんが、新札の紙幣はシワがほとんどないため、ものすごく数えにくいんですよね。

当サイト管理人は何度かマネーパートナーズのFX両替を利用した経験があり、受け取った紙幣は全て新札でした。

そして、実際に数え間違えて支払時に多めに紙幣を渡そうとしてしまったことがあるんですよ。

例えば、100ドル札だったら2枚の紙幣を1枚と間違えてしまうと、100ドル分丸々損してしまいますから、大ごとですよね。

細かい点ですが、実体験で不便に感じたことなので、デメリットとしてあげさせてもらいました。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!