クレジットカード基礎知識

クレジットカードのスキミング防止対策は個人でどこまでやればいい?

ぽん太くん
ぽん太くん
スキミング技術がどんどん進化していて、どこまで個人で防止対策すればいいんだぁ~
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
何だか色々やらなくちゃいけないように感じるかもしれないけど、基本は暗証番号を守ることが大事よ!

クレジットカードやキャッシュカードの情報を読み取るスキミング技術はどんどん進化しており、一体どこまで個人でスキミング防止対策すればいいのか迷ってしまいますよね。

しかし、暗証番号を守りさえすれば大部分のスキミング防止できますし、スキミング被害にあったとしても紛失・盗難保険により補償してくれるのです。

当記事では、主にクレジットカードやキャッシュカードによるスキミング手口から個人でできるスキミング防止対策を解説していきます。

また、電子マネーでおなじみのについてもEdy、Suica、PASMOのスキミング対策についても言及していますよ。

スキミングとは?

スキミングとは、下記の写真のようなスキマーと呼ばれる機械でクレジットカードやキャッシュカードの情報を読み取り、その情報をもとに偽造カードを作成する犯罪行為のことを言います。

もちろん、偽造カードを作って終わりではなく、偽造カードを使って、ATMでのお金の引き出しやショッピングに不正利用されることになります。

スキマー(磁気情報読取装置)

引用サイト:警察庁公式サイト

スキミングの手口

スキミングの対象になるカードはクレジットカード、デビットカード、キャッシュカード、ETCカードなどの「接触型カード」とEdy、Suica、PASMOなどの「非接触型カード」の二つにわけられます。

どのようにスキマーを使ってカード情報が読み取られるのかカードの分類ごとに具体的なスキミングの手口を確認していきましょう。

接触型カード

「接触型カード」はクレジットカード、キャッシュカード、ETCカードなどを指します。

読み方どおり、スキミングではカードを接触させる必要があるので、ATMのカードリーダー部分やお店のクレジット決済を処理する端末にスキマーを仕掛けるなどしてカード情報を読み取ろうとします。

こうして仕掛けられたスキマーはどんどんカード情報を読み込んで記憶していき、後ほど実行犯がスキマーを回収したりスキマーと接続した無線機でカード情報を実行犯に送信するなどして、最終的に偽造カードが作成されるわけです。

引用サイト:セブン銀行公式サイト

また、クレジットカードやキャッシュカードはカード情報に加え、暗証番号も必要があるので、上記の写真の例のように隠しカメラを設置などして暗証番号を盗み取ろうとするのです。

なお、暗証番号がなくてもサインによってクレジットカード払いをすることもできますが、実行犯がサインでクレジットカード払いをしようとすると、カード所有者とサインの筆跡が異なることになりますから、実行犯が特定されやすいです。

そのため、昔、主流だった店員がスキミングによってカード情報だけを読み取る手口は減少傾向で、現在はATMによるスキミングが主流のようです。

非接触型カード

「非接触型カード」はEdy、Suica、PASMOなどを指し、電子マネーの名称でも呼ばれていますよね。

例えば、Suicaを改札口の読み取り機(センサ)に直接当てて入っている人が多いですが、実は1cmぐらいまで改札口の読み取り機に近づければきちんと認識してくれるんですよ。

そのため、非接触型カードは、接触型カードよりも容易に、スキマーを非接触型カードに近づけるだけでカード情報を読み取ることができるので、都会であれば店舗内、電車内、エレベータの中など人の密集した場所には困りませんから、簡単にスキミングの対象が見つかるということになります。

スキミング防止対策/スキミング被害を少なくするために工夫

スキミング防止対策とスキミング被害を少なくするための工夫について、カードの分類ごとそうすればいいのかを確認していきましょう。

接触型カード

安全な場所で使う

一番基本的なことですが、カードの利用は「安全な場所」で使いましょう。

例えば、クレジットカードやキャッシュカードでATMを使う時も、ショッピングモールやコンビニのATMより、銀行内のATMの方が安全ですね。

暗証番号を守る

クレジットカード、キャッシュカードともにスキミング防止対策で一番重要なのが、暗証番号を盗まれないようにすることです。

第三者に暗証番号を知られて不正利用にあってしまった場合、後ほど説明する紛失・盗難保険で補償対象外になってしまう可能性が高いです。

そのため、ATMや店舗での端末などで暗証番号を入力する時は、空いた手を使って暗証番号キーを覆うように隠しながら入力する習慣をつけましょう。

店舗でも隠しカメラで暗証番号を盗み取られた事例があるので、店員が見ていないからといって安心せずに、注意を払いましょう。

また、定期的に暗証番号を変えるのも有効です。

例えば、海外旅行の時は暗証番号をこまめに変えてみるのも良いですね。

今は電話だけでなくインターネットでも暗証番号を変えられるので、カード利用時に何かおかしかったなと違和感があったらすぐに変えるのもいいと思います。

クレジットカードのサインは漢字にする

現在は少なくなってきていますが、クレジットカード情報だけ盗まれサインでのカード決済によって、不正利用される可能性があります。

そのため、サインはローマ字よりできるだけサインがまねされにくい漢字がおすすめです。

漢字圏以外の犯罪者には十分、対策になると思いますよ。

デビットカードより、クレジットカードを使う

確かにデビットカードでも不正利用に対する補償があるのですが、デビットカードは支払い時に即時、銀行口座から代金を引き落とされるシステムですので、不正利用された場合は、すでにお金を取られて被害にあっている状態になります。

そのため、一般的に警察に被害届を受理してもらう必要があり、返金までに1ヶ月から2ヶ月前後の期間がかかってしまうので、大変な労力と時間を消費してしまうのです。

上記の理由から、デビットカードよりクレジットカードを使うようにした方がいいでしょう。

デビットカードであるソニーバンクウォレットの不正利用時の対応については以下の記事にまとめましたのでご参考ください。

海外専用のクレジットカードを用意する

海外に出かけられるのなら国内でメインに使っているクレジットカードとは別に海外用のクレジットカードを作っておくのが良いです。

もしメインのクレジットカードが、紛失・盗難、スキミング被害にあってしまったらクレジットカードの番号を変えて新規発行することになるので、今まで登録しておいた公共料金などの定期購入やネットショップなどのクレジットカード情報を全て変更する必要が出てくるので、大変な手間がかかっていしまいます。

また利用限度額についても、海外専用のクレジットカードであれば、海外滞在に十分な最低額で設定できます。

海外用のクレジットカードとしては、セディナカード/セディナカードJiyu!da!がおすすめです。

利用明細を定期的にチェックする

スキミング技術はどんどん進化しており、個人で気をつけていてもスキミング被害にあってしまう場合も考えられます。

そのため、スキミング被害を早期発見するために、定期的にカード明細を確認して、不正利用がないか確認しましょう。

大体、どのクレジットカードでも紛失・盗難保険により、届け日から60日前までさかのぼって損害を全額(または一部)を補償するので、普段は少なくとも1ヵ月に1回で十分ですが、海外に出かけた時はもう少しこまめに確認した方が良いですね。

「紛失・盗難保険」については後ほど詳しく説明します。

なお、キャッシュカードについては補償を受けるためには被害発生日の30日後までに銀行に届ける必要があるのでご注意ください。

非接触型カード

スキミング防止カードを利用する

非接触型カードは、スキマーを近づけるだけでカード情報が読み取られてしまいますが、スキマーに非接触型カードの情報を読み取られないように電波の送受信を妨害する「スキミング防止カード」が販売されています。

Amazonでも1000円前後で購入することができ、使い方も非接触カードとスキミング防止カードを重ねることで防止することができます。

おそらく使用時以外、非接触カードは財布などに入れていると思いますので、スキミング防止カードも一緒に重ねて入れておけば、簡単にスキミング対策できるということですね。

スキミング被害後の対応は?紛失・盗難保険を活用しよう!

今までスキミングの事例について説明してきたので何だか怖い印象を持たれたかもしれませんが、クレジットカードに関しては現金を持ち運ぶよりは安全です。

クレジットカードでは、紛失・盗難、スキミングされ第三者に不正利用されてしまったとしても、暗証番号を他人に教えてしまったなどの重大過失がない限り、カード紛失・盗難保険により損害を補償してくれます。

このカード紛失・盗難保険があるからこそ、クレジットカード会社は使用者の属性によって、ショッピング枠100万円などといった高い額を設定することができますし、そもそも何も補償がなかったら大量の現金を持ち運ぶようなものですから、誰も怖くてクレジットカードが使えませんよね。

大体、どのクレジットカードであっても、カード紛失・盗難により被害を受けた際、届け日から60日前までさかのぼって損害を全額(または一部)を補償してくれますので、海外など盗難のリスクが高い国・地域ではクレジットカード払いを基本にした方がいいでしょう。

また、キャッシュカードについても被害発生日の30日後までに銀行に届ければ補償対象になります。

まとめ

最後に要点をまとめてみます。

  • 接触型カードは暗証番号を必ず守る
  • 非接触型カードはスキミング防止カードを利用する
  • クレジットカードはデビットカードより不正利用に強い
  • スキミング被害にあったら紛失・盗難保険を活用する

個人でも今まで述べてきたスキミング防止対策を行えば、大部分のスキミング被害を防げるはずです。

さらに、仮にスキミング被害にあったとしてもクレジットカードの紛失・盗難保険やキャッシュカードの補償制度により、補償対象となりますので、面倒がらずに定期的に利用明細を確認する習慣をつけましょう。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!