クレジットカード基礎知識

完全無料!?クレジットカード自動付帯の海外旅行傷害保険とは?

ぽん太くん
ぽん太くん
僕は健康だから、海外旅行傷害保険なんかに入らなくても大丈夫だよ!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
外国の医療費って高いのよ!
数百万以上は請求される覚悟を持った方がいいわね。
ぽん太くん
ぽん太くん
ひょぇ~、それじゃ破産しちゃうよ~
ただ、そうは言っても何とか海外旅行傷害保険の費用を節約できる方法がないのかな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
実は海外旅行傷害保険がついているクレジットカードをうまく利用すれば節約できる可能性だってあるのよ!

期間や条件により金額は異なりますが、必要なのはわかっていても海外旅行傷害保険は数千円程度するので、できるだけ節約したいですよね。

実はクレジットカードの中には海外旅行傷害保険がついており、うまく活用すれば海外旅行傷害保険の費用を節約できる可能性があるのです。

当記事では、さらに完全無料かつ自動付帯で海外旅行傷害保険があるクレジットカードをご紹介しますよ。

クレジットカードの海外旅行傷害旅行保険とは?

海外旅行などで外国に行く場合、海外旅行傷害保険が必須です。

外国では日本の保険制度が適用されないため、もし現地で病気やケガになってしまったら高額の医療費を支払うことになります。

そのため、期間や条件により金額は異なりますが、出国前に数千円程度する海外旅行傷害保険に加入する必要があるんですよね。

そして、クレジットカードの中には本来、別途料金を払って加入の必要のある海外旅行傷害保険が付帯しており、無料で医療サービスを受けることができるのです。

利用付帯と自動付帯の違い

クレジットカードの海外旅行傷害保険は利用付帯と自動付帯があります。

利用付帯は飛行機代やツアー代などを支払わなければ海外旅行傷害保険が適用にならないのに対して、自動付帯はクレジットカードを保有さえしていれば海外旅行傷害保険が適用されます。

そのため、選ぶべきは海外旅行傷害保険が自動付帯でついているクレジットカードということになりますね。

補償は加算される

クレジットカードの海外旅行傷害保険では、以下の補償を受けることができます。

海外旅行傷害保険 補償の概要

補償項目 補償の概要
障害死亡 海外旅行中に発生した事故や発病した病気により死亡された場合
後遺障害 海外旅行中に発生した事故等によるケガにより後遺障害が生じた場合
障害治療費用 ケガ等により病院で治療を受けた場合
疾病治療費用 病気等により病院で治療を受けた場合
賠償責任 施設内の備品や他人の所有物を誤って壊してしまった場合の賠償費用を補償
救援者費用 捜索救助等が必要になった場合
携行品損害 身の回り品の破損や盗難・引ったくりにあった場合


障害死亡、後遺障害以外の補償は、複数枚の海外旅行傷害保険のついているクレジットカードがあれば、補償金額が加算されるのです。

そのため、海外旅行傷害保険のついているクレジットカードをたくさん保有していれば、それだけ補償してくれる金額も多くなるということなんですね。

ただし、同じカード会社だと補償金額が加算されない場合があるので、できるだけ別のカード会社で複数枚持った方がいいでしょう。

障害治療費、疾病治療費が大事

補償内容の中で一番大事なのが「障害治療費」と「疾病治療費」になります。

海外では当然、日本の健康保険が適用されないので、もし病気やケガになってしまったら想像を絶する治療費用が請求されてしまうのです。

「障害治療費」と「疾病治療費」でしたら、先程説明したように、複数枚クレジットカードを持つことで、補償金額の上限をあげることができますので、「障害治療費」と「疾病治療費」の補償金額がそれぞれ200万円だとしたら、合計で補償金額が1000万円となり、海外での高額な治療費も賄えるようになります。

逆に障害死亡、後遺障害の補償はそれほど重要ではありません。

最も高い補償金額のクレジットカードが適用されるので、複数枚のクレジットカードを持っていても補償金額が加算されることはありませんし、そもそも自分が死んでから大金をもらってもしょうがないですよね。

健康に自信があるのなら海外旅行傷害保険には入らなくていいのか?

最後にご自身が若くて健康に自信がある場合は、果たして海外旅行傷害保険に入る必要はあるのでしょうか。

確かに、大きな病気にはかかる心配はあまりないかもしれませんが、軽い体調不良はありえますよね。

一例をあげると、渡航先現地での「食べ物」の問題です。

当サイト管理人の例でいうと、フィリピンの語学留学をした際にお腹を下してしまい、学校に提携病院の医師を派遣してもらったことがあります。

最近は提携病院であればキャッシュレスですぐに診察、薬の処方をしてもらえるので後から保険金の請求は必要ありません。

軽度な例ですが、本当に海外旅行保険に入っていて良かったと実感した出来事でしたね。

また、交通事故などの何らかの事故に巻き込まれてケガをしてしまう可能性もあります。

どれについても可能性は低く、ほとんどの人は問題なく帰国すると思いますが、やはりもしもの時のために海外旅行傷害保険には加入しておいた方がいいでしょう。

海外旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカード比較

海外旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカードは以下のような種類があります。

海外旅行傷害保険が自動付帯するクレジットカード比較

カード名 REX CARD 横浜インビテーション
カード
エポスカード
Visa
竜馬カード
カード発行会社 ジャックス ジャックス エポスカード ライフカード
国際ブランド VISA MasterCard VISA VISA
MasterCard
年会費 無料 無料 無料 初年度無料
次年度
1250円
*1
障害死亡 2000万円 2000万円 500万円 2000万円
後遺障害 2000万円 2000万円 500万円 2000万円
障害治療費用 200万円 200万円 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円 270万円 200万円
賠償責任 2000万円 2000万円 2000万円 2000万円
救援者費用 200万円 200万円 100万円 200万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円 20万円
補償期間 90日間 90日間 90日間 90日間


*1:カードショッピングを年間1回以上ご利用いただいた場合、次年度のカード年会費は無料

上記で紹介しているクレジットカードは年会費無料、海外旅行傷害保険が自動付帯、「障害治療費」と「疾病治療費」の補償が200万円以上とかなり充実したものばかりです。

ただし、REX CARDと横浜インビテーションカードはカード発行会社がどちらも同じジャックスなので、どちらか片方の選択になります。

残念な話ですが、こうした海外旅行傷害保険で好条件のクレジットカードは減少傾向であり、もう少し補償を充実させたい場合は年会費有料のクレジットカードや年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯でも「障害治療費」と「疾病治療費」の補償が100万円以下のクレジットカードも検討する必要があると思います。

クレジットカードの海外旅行傷害旅行保険のデメリット&注意点

残念ながらクレジットカードの海外旅行傷害旅行保険だけでは十分にカバーできない問題もあります。

いざというときにこんなはずじゃなかったなんてことになりかねませんので、しっかり確認していきましょう。

クレジットカードの海外旅行傷害旅行保険だと、複数枚のクレジットカードを保有する必要がある

クレジットカードの海外旅行傷害旅行保険だと、クレジットカード1枚当たりの補償金額は少ないので十分な補償金額にするには、どうしても複数枚の海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを保有する必要があります。

しかも、クレジットカードの発行会社をわけなければならないので、いざ保険金を請求する段階になったら、それぞれの会社ごとに手続きをしなければならず大変な手間が生じてしまいます。

クレジットカードの海外旅行傷害保険では補償されない内容がある

疾病死亡、寄託手荷物遅延、弁護士費用、テロ等対応保険金、旅行キャンセル費用、旅行中断費用、航空機遅延などクレジットカードの海外旅行傷害保険では補償されない内容もあります。

しかも、上記の補償内容だと単独で加入できる海外力傷害保険はないので、併せて障害死亡、障害治療費、疾病治療費なども加入する必要があります。

ただし、補償金額の上限については自由に設定できますので、クレジットカードの海外旅行傷害保険があることで上限金額を抑えて保険代金を節約することはできます。

クレジットカードの海外旅行傷害保険の適用期間は90日間

クレジットカードの海外旅行傷害保険の適用期間は長くても90日間(約3ヵ月)になります。

そのため、90日間を超える海外留学などには向いていないということになりますね。

ただし、適用期間が過ぎても一度、日本に帰国して再度、海外へ出国すれば、新たに90日間は海外旅行傷害保険が適用されるので、頻繁に日本と海外を行き来しているのであれば、十分にクレジットカードの海外旅行傷害保険を活用することができます。

どこで海外旅行傷害保険に加入できる?

クレジットカードの海外旅行傷害保険は大変お得ではありますが、十分にカバーできないところもあるので、通常の海外旅行傷害保険に加入する必要も出てくるでしょう。

現在はインターネット経由で簡単に海外旅行傷害保険に加入することができます。

当サイト管理人の場合、何社か試した結果、最終的にはジェイアイ傷害火災保険の「たびほ」にお世話になっています。

短期の海外旅行でしたら一人数千円で済みますし、仮に旅行に行けなくなったとしても、キャンセルも容易にできるので使い勝手がいいです。

また、東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港、関西国際空港といった国際空港では海外旅行傷害保険に加入するための専用機械が設置されているので、出国当日でも海外旅行傷害保険に加入することはできます。

ただし、ネットで加入する海外旅行保険より、保険代金が高いので、できるだけこの方法は選ばない方が良いでしょう。

まとめ

最後に要点をまとめてみます。

  • 海外の医療費は高額なので海外旅行傷害保険は必須
  • クレジットカードに付帯した海外旅行傷害保険をうまく活用することで完全無料で補償が受けられる
  • クレジットカードの海外旅行傷害保険でカバーできない部分は通常の海外旅行傷害保険を検討する

現状、海外旅行傷害保険が付帯した優れたクレジットカードが少なくなっているのもあり、クレジットカードだけでは全て補償できないのですが、十分に通常の海外力傷害旅行保険の節約にはなります。

ぜひとも、今回紹介したクレジットカードの加入を検討してみて下さいね。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!