セディナカード

セディナカードで海外キャッシングすれば外貨両替手数料が一番お得!

ぽん太くん
ぽん太くん
外貨両替で一番お得な方法って何かな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
ダントツでセディナカードの海外キャッシングがおすすめよ!
どんな外貨でも10万円分の両替手数料がわずか147円で済むのよ。

外貨両替で一般的な方法として思い浮かぶのは、外貨両替所での両替になるでしょう。

しかし、クレジットカードの中でもセディナカードの海外キャッシングが外貨両替手数料が一番お得になるんです。

これから詳しく解説していきますね。

当記事はこんな人におすすめ

  • 外貨両替の手数料をもっと安くしたい
  • 現地の格安両替所を探し回るのは面倒
  • クレジットカードの海外キャッシングの仕組みを知りたい
  • など

外貨両替の仕組み

ぽん太くん
ぽん太くん
外貨両替っていうと、両替所のことかな!?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
その他にもクレジットカードの海外キャッシングで外貨を引き出すこともできるのよ!

ここで、外貨両替の仕組みについて説明しましょう。

ごく一般的な「外貨両替所」での外貨両替の仕組みと当サイトで推奨している「海外キャッシング」での外貨両替の仕組みについて詳しく解説します。

外貨両替所

ぽん太くん
ぽん太くん
あれっ、両替所で外貨両替したことあるけど、手数料を取られた記憶ってないな~
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
両替所のレートは実際の為替レートに手数料が上乗せされているのよ!

海外旅行などで渡航先の外貨が必要になった場合、一般的なのが外貨両替所での外貨両替ですね。

気にする点としては両替所のレートがどのくらいなのか考えればいいだけなので、いたってシンプルな仕組みです。

両替所のレート

日本国内の外貨両替所のレート例

実際の為替レート 両替所の為替レート
100.00円/ドル 103.00円/ドル


Yahoo!ファイナンスなどの実際の為替レートと外貨両替所で示されているレートには差があります。

これは実際の為替レートに両替手数料として数円上乗せているからなんです。

日本国内の外貨両替所で両替しようとすると、アメリカドルだと3円程度は上乗せされるため、10万円分を外貨両替すると3000円程度は手数料として徴収されることになります。

また、流通量が多いアメリカドルと比べ、流通量が少ない外貨(東南アジアなど)になると、上乗せされる手数料はさらに高くなります。

日本国内での両替はかなり高めの手数料となってしまいますが、渡航先現地では格安のレートを提示している両替所もありますね。

その他の手数料

その他の手数料としては、外貨の交換手数料として別途、必要な場合があります。

  • 外貨の交換手数料

海外キャッシング

ぽん太くん
ぽん太くん
海外キャッシングって要は借金なんでしょ!
何だか利用するのは怖いな~
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外キャッシングは外貨を両替する目的だから、普通の借金とは全く意味合いが異なるわ!
それに、使い方をしっかり覚えればものすごくお得なのよ。

クレジットカードで海外の現地ATMから現地通貨を引き出すことができます。

海外キャッシングとの名前のとおり、正確に言えば、借金と言うことになりますが、使い方をしっかり覚えれば大変お得ですよ。

国際ブランドの基準レート

国際ブランドの基準レート例

実際の為替レート 国際ブランドの基準レート
100.00円/ドル 100.50円/ドル


外貨両替所のレート同様、Yahoo!ファイナンスなどの実際の為替レートとVISA/MasterCard/JCBなどの国際ブランドの基準レートには差があります。

ただ、VISA/MasterCard/JCBなどの国際ブランドの基準レートであれば、両替所で提示しているレートと比べて、実際の為替レートの差は小さいです。

金利

海外キャッシングでは、むしろ手数料としては金利の比重が高いです。

どのクレジットカードでも大体、実質年率が18%になるので、10万円分を外貨に両替すると、支払う金利は18000円になります。

支払い金利:10万円 × 18% = 18000円

ここまでだと、やっぱり海外キャッシング(借金)は何だか怖いとなってしまいそうですが、実際には海外キャッシングで引き出した外貨は日本円で繰り上げ返済することが可能です。

海外キャッシングの金利計算例(年率18%)

海外キャッシングした金額 1年間の金利 1ヵ月の金利 1週間の金利 3日間の金利 1日間の金利
1万円 1800円 147円 34円 14円 4円
5万円 9000円 739円 172円 73円 24円
10万円 18000円 1479円 345円 147円 49円

ぽん太くん
ぽん太くん
へぇ~、繰り上げ返済をしっかりやれば、こんなにお金を節約できるんだね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
そうね!
そもそも海外キャッシングはお金に困っているわけでなく、外貨両替目的でするわけだから、すぐに返済しちゃえばいいのよね。

実際には海外の渡航先から海外キャッシングをして数日で繰り上げ返済することができます。

1万円分の外貨を1週間借りた場合は34円、10万円分の外貨を1週間借りたとしても345円しかかからないのです。

日本国内での外貨両替所と比べて、かなり割安であることがわかると思います。

その他の手数料

その他の手数料としては以下のようになります。

海外キャッシングはクレジットカードで行うので、クレジットカードの年会費や現地通貨の現地通貨引き出しのためのATM手数料、繰り上げ返済(借金の返済)のための費用が必要になります。

  • クレジットカードの年会費
  • ATM手数料(ATM設置者)
  • ATM手数料(クレジットカード会社)
  • 繰り上げ返済のための国際電話料金
  • 繰り上げ返済の振込手数料

おすすめはセディナカードの海外キャッシング

ぽん太くん
ぽん太くん
クレジットカードの海外キャッシングはお得だけど、金利以外の手数料もたくさんあるし、繰り上げ返済も面倒だな~
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
セディナカードであれば、そんな悩みも解消されるわよ!

クレジットカードによる海外キャッシングは繰り上げ返済によって大幅に手数料(支払い金利)を抑制できるため、日本国内での外貨両替所の両替よりお得であることがわかってきたと思います。

そして、数あるクレジットカードの中で「セディナカード」がおすすめできる理由があるんです。

セディナゴールドカード、セディナカードゴールド、セディナカード、セディナカードJiyu!da!、セディナカードクラシック、セディナカードファースト、セディナCFカード、セディナカードパスとカード名が紛らわしいですが、海外キャッシングとして使うなら以下の比較表の一般カード4枚の中から選択すると良いでしょう。

その中でも、通常のセディナカードがおすすめです。その他のカードの場合、セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カード、セディナカードクラシックは年会費有料、セディナカードファーストは18~25歳の年齢制限があるのでご注意ください。

セディナカード(一般カード4枚比較表)

比較項目 セディナカード セディナカード
Jiyu!da!
セディナカード
クラシック
セディナカード
ファースト
申し込み対象 18歳以上
(高校生除く、
電話連絡が
可能な方)
18歳以上
(高校生除く、
電話連絡が
可能な方)
18歳以上
(高校生除く、
電話連絡が
可能な方)
18~25歳
(高校生除く、
電話連絡が
可能な方)
国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
年会費(本人会員) 無料 無料 1080円(税込) 1080円(税込)
(年1回の利用で
無料)
年会費(家族会員) 無料 無料 324円(税込) 324円(税込)
(年1回の利用で
無料)
カードタイプ 通常 リボ払い専用 通常 通常
キティちゃん
カードデザイン
支払日 毎月末日締め
翌月27日払い
毎月末日締め
翌月27日払い
毎月末日締め
翌月27日払い
毎月末日締め
翌月27日払い
ポイント制度
(わくわくポイント)
200円(税込)
ごとに1ポイント
200円(税込)
ごとに1ポイント
200円(税込)
ごとに1ポイント
200円(税込)
ごとに1ポイント
ポイント還元率 0.50% 0.50% 0.50% 0.50%
トクトク!ステージ
最大1.3倍
(年間請求額によって
ポイント倍増)
カード紛失・盗難保険 60日前まで
補償
60日前まで
補償
60日前まで
補償
60日前まで
補償
ショッピング保険 最高50万円
180日前まで
補償
最高50万円
180日前まで
補償
最高50万円
180日前まで
補償
最高50万円
180日前まで
補償
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
最高1000万円 最高1000万円 最高1000万円
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
最高1000万円 最高1000万円
ネットセキュリティ
サービス
60日前まで
補償
60日前まで
補償
60日前まで
補償
60日前まで
補償
本人認証サービス
キャッシング実質年率 18.00% 18.00% 18.00% 18.00%
海外ATM手数料
(クレジットカード会社)
無料 無料 無料 無料
Pay-easyでの
繰り上げ返済
海外での利用で
ポイント3倍
海外での利用で
ポイント1.5倍
加入後3ヵ月間
ポイント3倍
ETCでポイント1.5倍
セブンイレブン、
イトーヨーカドーで
ポイント3倍
イオングループ、
ダイエーで
ポイント3倍
マルエツ5%OFF
宇佐美で
ポイント3倍
藤田観光で
ポイント5倍
セディナポイントモール
最大21倍
パッケージツアー割引
サービス
ウキウキトラベル賞
セディナ海外デスク
チケットセディナ
7日間無利息
キャッシング
三井住友銀行
キャッシュカード
ATM手数料無料
Apple Pay
セディナiD
QUICPay
ETCカード
新規発行手数料
1080円(税込)

新規発行手数料
1080円(税込)

新規発行手数料
1080円(税込)

新規発行手数料
1080円(税込)
プラスEX
(JR東海「エクスプレス
予約」サービス)

年会費
1080円(税込)

年会費
1080円(税込)

年会費
1080円(税込)

年会費
1080円(税込)

外貨両替手数料がトップクラスの安さ

セディナカードの外貨両替(海外キャッシング)手数料

手数料項目 手数料
金利 18%
クレジットカード年会費 無料
ATM手数料(ATM設置者) ATM設置者による
ATM手数料(クレジットカード会社) 無料
繰り上げ返済のための国際電話料金 無料
繰り上げ返済の振込手数料 無料


金利の18%は仕方ないにしても、ATM手数料(ATM設置者)以外の手数料が全くかからないのです。

また、ATM手数料(ATM設置者)についても、ATM設置者次第になってしまいますが、海外キャッシングの場合はほとんどATM手数料は徴収されないようです。

外貨手数料比較(アメリカドル10万円分を両替)

No 名称 種類 外貨両替手数料
1 セディナカード クレジット 147円
3 楽天カード クレジット 391円
4 三井住友VISA
クラシックカード
クレジット 391円
5 マネーパートナーズ FX両替 500円
6 ソニーバンクウォレット デビット 1760円
7 イオン銀行
デビットカード
デビット 1816円


実際に他のクレジットカードの海外キャッシングや格安と言われているFX両替と比べても、セディナカードの手数料は一番お得ですね。

また、その他のクレジットカードの海外キャッシングの手数料もなかなかお得だと思われるかもしれませんが、一番良い条件で計算したので、実際にはもっと手数料が高くなる場合もあるのです。

上記表の外貨手数料の内訳について詳しく確認したい方は以下の記事をご覧ください。

Pay-easyで簡単に繰り上げ返済ができる

繰り上げ返済の費用が無料になっていることで気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、セディナカードであればPay-easy(ペイジー)と言って、ネット上で金利返済を済ませることができるので、振込手数料やカード会社に連絡するための国際電話料金も一切かかりません。

海外でホテルに宿泊するのであれば、無料Wi-Fiを使えるのでスマホ片手に本当に簡単に返済できてしまいますよ。

Pay-easyについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

基準レートがお得なMasterCardを選択できる

クレジットカードの国際ブランド「MasterCard」は海外キャッシングの際の基準レートが良いと言われています。

残念ながら毎日、他の国際ブランドに比べて、基準レートが良いというわけではないですが、平均的には基準レートが良いので、とりあえず「MasterCard」を選択しておけば問題ありません。

またATMの台数やクレジットカードの取扱店はVISAについで2番目に多く、探す手間がかからず使う場所に困ることはありません。

なお、クレジットカードの国際ブランドの違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

また、基準レートについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

外貨両替する場所に困らない・手間がかからない

セディナカードの外貨手数料の安さを解説してきましたが、海外での渡航先現地の格安外貨両替所の方が手数料が安い場合もあります。

しかし、果たして外貨両替の手段として格安両替所を選択する意味はあるのかという疑問があります。

もし現地の格安両替所を探すとしたら、行く先々の国ごとに探さなければなりませんし、営業時間の制限やお金をごまかされてしまったりなどのリスクも多いのです。

海外キャッシングであれば、ATMを使った両替なので空港から町中までどこでもあるので探す手間がかかりませんし、24時間利用が可能なので、時間の節約と言う意味でも海外キャッシングを利用した方が良いと考えますね。

セディナカードで外貨10万円分を両替した時の計算

ぽん太くん
ぽん太くん
セディナカードは、金利の計算だけすれば手数料がわかるからタヌキの僕でも簡単だ!

セディナカードであれば、余分な手数料がかからないので、金利計算だけを考えれば大丈夫です。

海外キャッシングした記録が大体2~3日で反映されるので、以下のような計算になります。

手数料(支払い金利):海外キャッシングする金額 × 実質年率 × 借入期間 ÷ 365日
手数料(支払い金利):10万円 × 18% × 3日 ÷ 365日 = 147円(0.147%)

なんと10万円分の外貨両替にかかる手数料(支払い金利)はわずか147円(0.147%)になります。
(この他にATM設置者によるATM手数料がかかる場合もあります。)

ただ、実際は、海外で多額の現金を持ち歩くのは危険なので、10万円分も両替することはないでしょう。

現金はチップや公共交通機関の交通費など、どうしても現金払いしかできない最低限の額を外貨両替し、後はできるだけクレジットカード払いで済ませた方が無難です。

セディナカードの海外ATMキャッシングから繰り上げ返済までの流れ

ぽん太くん
ぽん太くん
実際のセディナカードでの外貨両替って僕でもできるかな?
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
そんなに難しいことじゃないわ。
特に今まで国内でネット銀行を使ったことがあれば簡単なはずよ。

セディナカードでの外貨両替の流れを確認しましょう。

「海外のATMでキャッシング」、「Pay-easyで繰り上げ返済」の2ステップを覚えればいいですからそんなに難しいことではありません。

特に今まで国内でネット銀行を使ったことがあれば同じような操作を経験しているので、ATMからの外貨の引き出しから繰り上げ返済まで簡単に感じるはずです。

海外のATMでキャッシング

まずは、渡航先の現地空港に到着したら、早速、セディナカードを使って、ATMから現地通貨を引き出してしまうのがおすすめです。

詳しい海外ATMキャッシングで外貨両替する方法は以下の記事をご覧ください。

Pay-easyで繰り上げ返済

キャッシングをして、2~3日経過すると、セディナカードの会員サイト「OMC Plus」に反映されます。

繰り上げ返済を忘れてそのまま放置してしまうと、金利がどんどん膨れ上がってしまうので、反映されているのがわかったらすぐにPay-easyで繰り上げ返済をしてしまいましょう。

宿泊先のホテルを含めて最近ではスマホを使ってフリーWiFiでネットに接続できるので、とても便利ですね。

詳しいPay-easyでの繰り上げ返済の方法は以下の記事をご覧ください。

まとめ

最後に要点をまとめてみます。

  • セディナカードで海外キャッシングすれば外貨両替手数料が一番お得!
  • 10万円分の外貨に両替しても、外貨手数料はわずか147円
  • Pay-easyによって繰り上げ返済の手間が大幅軽減
  • VISA/MasterCard/JCBからお得な基準レートを選ぶことができる
  • ただし、外貨両替は必要最低限にして、基本はクレジットカード払い

外貨両替はセディナカードの海外キャッシング一択で決定ですね。当記事がみなさんのお役に立てたら幸いです。

今なら入会キャンペーンで最大6000円相当のポイントがもらえます!

ただし、海外で大量の現金を持ち運ぶのは大変、危険ですので、海外キャッシングで外貨両替するのはチップや公共交通機関などで使う必要最低限の金額に留めておき、基本はクレジットカード払いをした方が良いです。

以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

海外旅行おすすめクレジットカード
楽天カード

ぽん太くん
ぽん太くん
楽天カードは超有名だよね!
ぽん子ちゃん
ぽん子ちゃん
海外ショッピングの実質手数料が約0.6%と安く、ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービスが多数あるのよ!
主な特徴
  • 年会費無料なのに常に高還元率のポイント還元率1%
  • SPUですぐにポイント4倍
  • 楽天市場以外の実店舗でもポイントがどんどん貯まる
  • 海外ショッピングの手数料が約0.6%と安い
  • ハワイの楽天カードラウンジなど海外でお得なサービス多数
  • 川平慈英さん扮する楽天カードマンのCMでお馴染み
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB
ポイント基本還元率 1%
海外ショッピング
実質手数料
VISA/MasterCard:0.63%
JCB:0.6%
為替レート VISA/MasterCard/JCBの各レート
総合評価
楽天カードに入会して大量ポイントをGET!